ビル管理会社とのトラブル対応について

ビル管理会社のトラブルの際の対応

故障した電気設備や空調設備に何らかのトラブルが発生した場合は、ビル管理会社は専門業者ではないので根本から修理を行うことはありません。そのため、トラブルが発生した場合は現場を確認して対応を考えることになります。ビル内で漏水が起きたら、被害が広がらないようバケツやドレンパンで受けることになります。また、可能ならば排水できるよう誘導するのもビル管理会社の仕事になります。そして、ブレーカーのトリップが発生すれば、メガーで絶縁抵抗を測定して回路に異常が無いかを確認します。
他にも、クランプメーターで電流値を測定してトリップの原因を特定し、過負荷なら負荷の分散をして絶縁不良ならば原因を探ることになります。ちなみに、空調機のエラーが発生したら内容を確認して自営で修繕できれば修理に入ります。けれども、ビル管理会社側で修理不可能ならば、業者を手配して修理を任せる形になります。
つまり、ビル内でトラブルが発生した場合は、ビル管理会社側は原因を特定して修繕をできる範囲なら自分たちで対処します。よって、自営で修繕できない場合は保守契約している業者を手配して、根本から解決するためにオーナーへ修繕工事の提案をします。
ちなみに、防災関連もビル管理会社の仕事となります。そのため、ビル内に必ず設置されている火災感知器やスプリンクラーといった防災設備について、ビル管理会社側はきちんと把握する必要があります。

ビル管理会社のメンテナンスを学ぼう

高層ビルが普段快適に利用できる理由には、きちんとメンテナンスしてくれる人がいるからです。内部の空調やトイレ掃除といった作業から外部の環境から身を守る点検までビルを管理する上では重大な要素が満載です。ビル管理会社は派遣というかたちで各ビルと契約しており、人が退社した夜中の時間帯にメンテナンスをすることが多いです。管理体制を強化すれば、いつでも安心してビルを利用することが可能になってきます。
ビル清掃はアルバイトが担当していますが、平均年齢を確認していけば、還暦を過ぎた中途採用が圧倒的な割合です。時間外として働きたい人への雇用に貢献しており、ビル管理会社の社長は彼らの体調管理まで徹底的に行う必要があります。都心を中心に続々と誕生した高層ビルの管理を担うならば、責任感を持って適切な行動を心がけていくことが大事です。
半期ごとに実施されるビルの一斉清掃では、プロの職人が高所で作業を行います。命綱ひとつで作業をする姿は、誇り高き人たちの縮図であり、高層ビルが平和に保たれる大きな理由となっています。したがって裏方に回ることが多いビル管理会社の動向を見据え、日頃の感謝の気持ちを示していくことが大事です。

list

calendar

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

new posts

ビル管理会社とのトラブル対応について

ビル管理会社のトラブルの際の対応 故障した電気設備や空調設備に何らかのトラブルが発生した場合は、ビル管理会…

more...

ビル管理会社の特徴とは何か

点検業務が基本となるビル管理会社について ビル管理会社の仕事は、待機時間が長い仕事だと言われています。また…

more...

ビル管理会社の仕組みとは

会社などの管理をする ビル管理会社は、会社などのオフィスが入っているビルを管理する会社です。トイレなどの清…

more...

ビル管理会社は24時間体制

ビル管理会社について ビルで経営や日常生活の管理をしていると、セキュリティーや管理に困ってしまう場合があり…

more...