ビル管理会社の仕事内容とは

ビル管理会社は専門的な知識が必要

ビル管理会社の仕事として、ビル管理の人の勤務先は建物内となります。そのため、ビル管理会社の人は建物外で働くことはなく、商業施設やビジネスビル以外にもホテルや大学も勤務場所となります。そのため、常に常駐してビル内の管理事務所を拠点として、様々な場所に赴いてビル管理の仕事を行う形となります。ビル管理会社の仕事の1つである空調設備管理は、ビルや会社の冷暖房機の運転をコントロールすることになります。よって、ビルや会社の冷暖房の基本温度設定やフィルターの掃除や湿度の管理や換気の確認を行います。
他にも、機械設備管理もビル管理会社の仕事になります。エレベーターやエスカレータの保守と点検と定期メンテナンスの依頼だけでなく、自動ドアの点検も機械設備管理の対象となります。ただし、機械設備のメンテナンスや修繕はビル管理会社に依頼せずに、メーカーに依頼する形となります。そして、ビル管理会社は電力設備管理を行うので、電圧計や電流計を確認して回ります。その上、変電装置の電気設備を操作して各施設への電力の分配をすることもあります。
ちなみに、ビル管理会社の仕事は管理事務所にいるだけでは仕事が務まらない上に、専門知識が必要な分野も多いです。よって、裏方となるビル管理会社の仕事によって、快適な仕事場や商業施設が保たれていることになります。

ビル管理会社の仕事をこなすために

ビル管理会社の仕事として、ボイラー管理を行います。ビル内には巨大なボイラーがあるので、ボイラーの動力により空調やポンプが作動する仕組みとなります。なので、高温のボイラーを監視するのもビル管理会社の役目となりますが、ビル内の巡回と定期点検も仕事になります。ビル内を巡回しつつ設備の老朽化や損壊してないかどうかを確認し、消耗品を取り換えたり損壊部分の修繕を行ったりすることになります。
ちなみに、電球の交換や空調の点検などもビル管理会社の人が行います。他にも、ビルの老朽化に伴う大規模な修繕もビル管理会社が行うこともあります。大きな商業施設は、ビル管理会社と提携していて修繕やコスト削減も担当するので、管理以外に無駄を省いたエコ管理と管理方法を提案できる力も必要となります。ビル管理会社の仕事をこなすには、ボイラーや電気系統を管理できる資格が必要となります。
その上、資格だけでなく損壊部分に関して修繕する技術も必要となります。また、ビル管理会社の勤務先はビジネスビルだけでなく、ホテルや商業施設となる上に常に常駐して担当ビルの管理を行う形になります。そして、ビル全体の様々な部分の管理や保守を担当することになります。ビル管理会社の仕事をこなすには、電気系統やボイラーの資格と損壊を修繕する技術が必要となります。

ハウスクリーニングの実績がある当社はメディアにも多数紹介されており、お得なパックもございますので、一度ご利用ください。n昭和34年創業から様々なビルの管理を請け負っており、官公庁から個人ビルまで実績豊富な我々にお任せ下さい。 複数物件をご依頼いただける場合は測定費のご相談に応じます。 関東、関西以外は別途交通費が加算されます。 ビル管理会社は実績のある東和総合サービス

list

calendar

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

new posts

ビル管理会社とのトラブル対応について

ビル管理会社のトラブルの際の対応 故障した電気設備や空調設備に何らかのトラブルが発生した場合は、ビル管理会…

more...

ビル管理会社の特徴とは何か

点検業務が基本となるビル管理会社について ビル管理会社の仕事は、待機時間が長い仕事だと言われています。また…

more...

ビル管理会社の仕組みとは

会社などの管理をする ビル管理会社は、会社などのオフィスが入っているビルを管理する会社です。トイレなどの清…

more...

ビル管理会社は24時間体制

ビル管理会社について ビルで経営や日常生活の管理をしていると、セキュリティーや管理に困ってしまう場合があり…

more...